月下独酌 春の月夜独り杯を傾ける

花間一壺酒 花間一壺の酒 春の月夜の花さく木陰に酒壺が一つ
独酌無相親 独り酌んで相親しむ無し 独り手酌で親しい相手はいない
挙杯邀名月 杯を挙げて名月を邀え そこで杯をあげ、中に月を招き入れよう
対影成三人 影に対して三人と成る 月と自分と自分の影と三人となる
月既不解飲 月既に飲を解さず 月はもともと酒は飲めない 不解=出来ない
影徒随我身 影徒らに我が身に随う 影はただただ私の真似をするだけ
暫伴月将影 暫く月と影とを伴いて しばらく月と影とを仲間として
行楽須及春 行楽須らく春に及ぶべし 心ゆくまで春を楽しんでそれを逃さぬようにしよう

我歌月徘徊 我歌えば月徘徊し 私が歌えば月はそれに合わせて舞っている
我舞影凌乱 我舞えば影凌乱す 私が踊れば影もいっしょに乱れ動く
醒時同交歓 醒時は同に交歓し 酔いが回らないうちは三人で歓び合い
酔後各分散 酔後は各分散す 酔ってしまえば別れてゆく
永結無情遊 永く無情の遊を結び いつまでも世俗の情を越えた交遊をして
相期藐雲漢 相期して雲漢藐なり 次のときは、あの天の川で再会しよう 雲漢=天の川