島崎藤村

酔歌
 
旅と旅との君や我
 
君と我とのなかなれば
    
酔ふて袂(たもと)の歌草(うたぐさ)を
 
醒めての君に見せばやな
 

               
若き命も過ぎぬ間に
 
楽しき春は老いやすし
        
誰(た)が身にもてる宝ぞや
 
君くれなゐのかほばせは
 

 
君がまなこに涙あり
       
君が眉には憂愁(うれひ)あり

堅(かた)く結べるその口に
 
それ声も無きなげきあり
 

 
名もなき道を説くなかれ
 
名もなき旅を行くなかれ

甲斐なきことをなげくより
      
来りて美(うま)き酒に泣け
 

 
光もあらぬ春の日の

独(ひと)りさみしきものぐるひ
 
悲しき味の世の智恵に
 
老いにけらしな旅人よ
 

     
心の春の燭火(ともしび)に
 
若き命を照らし見よ
 
さくまを待たで花散らば

哀(かな)しからずや君が身は
 

         
わきめもふらで急ぎ行く
 
君の行衛はいづこぞや

琴花酒(ことはなさけ)のあるものを
 
とゞまりたまへ旅人よ